池本  一三 (Kazumi Ikemoto)

池本一三

経歴

1954   京都府生まれ

1978   京都市立芸術大学美術学部造形学科卒

1978-89   ISM GLASS WORK  勤務

1989   東京に工房設立

1990-97   多摩美術大学立体デザイン科非常勤講師

1998-06   多摩美術大学工芸学科助教授

2007〜   多摩美術大学工芸学科ガラスプログラム教授

 

主な展覧会

1988   「世界現代ガラス展」北海道立近代美術館 (北海道) (以降1991, 94)

1990   「90’現代ガラスの造形展」箱根彫刻の森美術館 (神奈川)

1992   「日本チェコ親善ガラス展」 (チェコ)

1993   「NEW GLASS in JAPAN」デュッセルドルフ美術館 (ドイツ)他ヨーロッパ5館巡回

1997   「Made in Japan Exhibition」GLAS MUSEUM (デンマーク)

1998   「日本の現代ガラスの一断面」愛知県陶磁資料館 (愛知)/「今を表現するガラス造形展」新潟市美術館 (新潟)

1999   「日本のガラス2000年」サントリー美術館 (東京)

2001   「ガラスの魅力展」姫路市立美術館 (兵庫)

2002   「ガラスに描く、光と彩りの2000年」サントリー美術館 (東京)/「第1回現代ガラス大賞展」 (富山)

2003   「OUT SPOKEN GLASS展」北海道立近代美術館 (北海道)

2010   「金沢国際ガラス展」香林坊大和 (石川)

2011   「10x10 exhibition」ピッツバーグガラスセンター (アメリカ)

2012   「Japanese Art and Design」Museum of Arts and Design (アメリカ) /池本一三、小田橋昌代 2人展 瀬戸市新世紀工芸館 (愛知)

 

主な受賞歴

1987   「87’日本のガラス展」 奨励賞  小田急百貨店 (東京)

1990   「東京ガラスアート展」 佳作 有楽町阪急百貨店コミュニティ (東京)

2004   「第32回国際ガラス展」審査員賞 HABATAT GALLERIES (アメリカ)

 

主な収蔵先

北海道立近代美術館/オーストラリア教育大学/広島ガラスの里美術館/富山市/富山ガラス造形研究所/グランドクリスタル美術館 (台湾)/北茨木市ガラス工房シリカ/コーニング・ガラス美術館 (アメリカ)/能登島ガラス美術館/Museum of Arts and Design/Museum of Fine Arts, Boston

 

主な作品設置

京都パークホテル/ホテルセントラーザ博多/三井の森ロッジ/ポーラ化粧品/天王寺学館/松蔭女子短期大学/都立上野高校/洗足学園/焼津市民総合病院/小平市立図書館/久保山霊園/イスラミックセンター/上諏訪カトリック教会/本郷カトリック教会/神奈川県総合医療会館