イヴァナ・シュラームコヴァー (Ivana Šrámková)

イヴァナ・シュラームコヴァー (Ivana Sramkova)

経歴

1960   リベレッツ (旧チェコスロヴァキア) 生まれ

1980   ガラス工芸学校、ジェレズニー・ブロットゥ 卒業

1987   プラハ工芸大学、スタニスラフ・リベンスキーに師事 卒業

 

主な展覧会

1988   「スタニスラフ・リベンスキーの生徒達」フィンランド・ガラス美術館 (フィンランド)

1989   「ボヘミアのガラス1400-1989展」パリ装飾美術館 (フランス)

1990   「ポストモダニムへの道」プラハ工芸美術館 (チェコ)

1991   個展「ガラスとドローイング」ギャラリー仲摩/「第2回世界現代ガラス展」北海道立近代美術館 (国内各地巡回)

1992   「対比」フィンランドガラス美術館 (フィンランド)

1995   個展 セリーネ・建築スタジオ (チェコ)

1996   「Venezia Aperto Vetro」Museo Correr (イタリア)

1997   個展 プラハナショナル技術美術館/「グラススキン」北海道立近代美術館 (北海道)

1999,02   個展 ギャラリー仲摩/「ガラス彫刻展」チェコ共和国大使館 (主催:ギャラリー仲摩)

2005   「光と空間の捕捉−チェコ現代ガラス展」 (富山)

2007   「ガラスの動物達」チェコセンター (東京)

2008   「ガラスの動物達」猿田彦神社小坡美術館 (三重)

 

主な収蔵先

プラハ工芸美術館/ナショナル・ギャラリー/北ボヘミア美術館/東ボヘミア美術館 (以上、チェコ)

横浜美術館/黄金崎クリスタルパーク/富山市/北海道立近代美術館/猿田彦神社小坡美術館 (以上、日本)

ローザンヌ装飾美術館 (スイス)/ヴィクトリア&アルバート美術館 (イギリス)/ウルスター美術館 (アイルランド)/コーニング・ガラス美術館 (アメリカ)

 

主な作品設置

センチュリーパークタワー (東京) /青山パークタワー (東京) /NHK放送技術研究所 (東京)