トゥーツ・ジンスキー (Toots Zynsky)

トゥーツ・ジンスキー (Toots Zynsky)

経歴

1951   ボストン (アメリカ) 生まれ

1979   ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン 特別上級生徒ガラスプログラム修了

1980   ニューヨーク・エクスペリメンタル・グラス・ワークショップのアシスタント・ディレクター (〜1981)

1982年から世界各国で招待作家としてワークショップや講演を行う

 

主な展覧会

1983   「ガラス彫刻」トゥーソン美術館/「コンテンポラリー・アメリカン・グラス」アメリカ大使館 (プラハ)

1987   「グラス・ナウ'87」ヤマハ (東京) (以降1990, 92, 94, 95)

1988   「世界現代ガラス展」北海道立近代美術館 (札幌)

1990   「コーニングガラスコレクション」国立美術館

1991   ギャラリー仲摩 (東京)

1993   「ホワイトハウス工芸コレクション展」ホワイトハウス (アメリカ)

1996   「ヴェネツィア・アペルド・ヴェトロ展」(イタリア)/色彩と透明感ー現代ガラス傑作展」国立陶磁器博物館 (フランス)

1997   「現代ガラス作家展」市立装飾美術館 (スイス)

1999   「黄金崎クリスタルパーク (静岡)

2000   アメリカクラフト美術館 (ニューヨーク)

2002   カーネギー美術館 (ピッツバーグ、アメリカ)

2003   ノートン美術館 (ウエストパルムビーチ、アメリカ)

2004   コーニング・ガラス美術館 (ニューヨーク)/個展 猿田彦神社小坡美術館 (三重)

2005   能登島ガラス美術館「色彩のうつわ トゥーツ・ジンスキー展」(石川)

 

主な受賞歴

1999   アーバングラス賞:ガラス技術の革新賞 (ニューヨーク)

 

主な所蔵先

アメリカン・クラフト・ミュージーアム/バーミンガム美術館/クーパー・ヒューイット美術館/コーニング・ガラス美術館/デトロイト美術財団/ハンティントン美術館/インディアナポリス美術館/J.B.スピード美術館/現代美術館/リー・ウォーキー/ウッドソン美術館/メトロポリタン美術館/ミルウォーキー美術館/ネワーク美術館/ノートン美術館/セント・ルイス美術館/スミソニアン国立歴史博物館ホワイトハウスコレクション/フィラデルフィア美術館 (以上、アメリカ)

北海道立近代美術館/横浜美術館/下関市立美術館/黄金崎クリスタルパーク/猿田彦神社小坡美術館 (以上、日本)

エベルトーフト・ガラス美術館 (デンマーク)/ケストナー美術館 (ドイツ)/パリ装飾美術館 (フランス)/北ノルウェー工芸美術館 (ノルウェー)/ローザンヌ装飾美術館 (スイス)/ヴィクトリア・アルバート美術館 (イギリス)/ビクトリア国立美術館 (オーストラリア)